0120-141-749 (一番良い、ナーシング) 受付時間(平日9:00~12:00、13:00~18:00)
初期費用0円更新料0円サポート料0円
月額利用料
介護保険請求と併せて財団方式を「サービス事業所」で利用する場合、一人につき735円介護保険請求と併せて財団方式を
「居宅介護支援事業所」で利用する場合、人数制限なしで3990円財団方式でのみ利用する場合、一人につき95円(一人あたり)
料金についての詳細はこちら
お試し無料版を使ってみる

「財団方式」ってどういうもの?

「財団方式」とは、「利用者の自立を助け、日常生活レベルに応じた自己充実が図れる質の高いケアプランを常に提供するとともに、その評価もする」という理念をもって、平成4年より、日本訪問看護振興財団が中心となり、保険・医療・福祉の研究・実践者により開発したものです。財団方式アセスメントをもっと詳しく知りたい→日本訪問看護財団ホームページ
特徴1.よりスムーズに。アセスメント~ケアプラン作成~ケアサービスの実施~モニタリングまで、一貫した根拠でよりスムーズに作業を進められます。特徴2.ケアニーズを把握。社会生活への参加、療養の支援から介護・家事援助など、必要なケアニーズをもれなく把握できます。特徴3.短時間介護保険における要支援・要介護認定の調査項目を包含しており、短時間でアセスメントが行えます。特徴4.幅広い層。幅広い層。成人から高齢者まで、幅広い層を対象とできます。特徴5.共有使用。在宅でも施設でも、整合性をもって共通で使用できます。特徴6.家族の状況も把握。本人のみならず、家族や介護者の状況が把握できます。特徴7.整合性を持って使用。在宅でも施設でも、整合性をもって共通で使用できます。特徴8.質の評価に繋がる。3回目までのアセスメントを並列で記入でき、経過を明らかにできるため質の評価に繋げることができます。
お試し無料版を使ってみる
なぜ「財団方式」を使用するの? 「財団方式」を使う理由.14票325項目からなるアセスメントを入力すると、
②問題、ニーズ領域選定表 及びケアプラン作成のための
③ケアプラン作成検討表 が自動で作成されるのでとても便利なのです。
お試し無料版を使ってみる